予防接種

各種予防接種が受けられます。予防接種には定期接種と任意接種がありますが、いずれも子どもを「ワクチンで防げる病気」から守るためにとても大切です。予防接種は生後2ヶ月になったらすみやかに開始しましょう。
定期接種だけでも数が多くスケジュールが複雑になってしまうので、ワクチン接種がスムーズに進むようワクチンスケジュールをたてさせていただきますので、ご相談ください。

B型肝炎ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後2か月(生後すぐでも可) 2回、追加1回 不活化ワクチン、注射

ロタウイルスワクチン

ワクチンの種類
(商品名)
接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
ロタリックス
※2011年11月発売
生後2か月
※初回接種は生後14週6日までが望ましい
2回 生ワクチン、経口
ロタテック
※2012年7月発売
生後2か月
※初回接種は生後14週6日までが望ましい
3回 生ワクチン、経口

※「ロタリックス」「ロタテック」の2種類のワクチンがあります

ヒブワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後2か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

小児用肺炎球菌ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後2か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

四種混合(DPT-IPV)ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後3か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射
  • 生後2か月からB型肝炎、ロタウイルスワクチンと同時に「髄膜炎予防」としてヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、生後3か月からはさらに四種混合ワクチンとの同時接種がおすすめです。
  • 一回目の接種(生後2か月~6か月)が遅れないように注意が必要です。

不活化ポリオワクチン(IPV単独)

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後3か月 4回(初回3回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

※接種していない該当者のみ。

BCGワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後5か月 1回 生ワクチン、スタンプ方式

接種のポイント

  • 四種混合(DPT-IPV)の3回目と同時にできればおすすめ。

MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳の誕生日すぐに 2回(2回目は小学校入学の前年) 生ワクチン、注射

水痘(みずぼうそう)ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳~1歳1か月 2回 生ワクチン、注射

おたふくかぜワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳~1歳3か月 2回 生ワクチン、注射
  • 1歳の誕生日プレゼントに必ず受けましょう。
  • 必要に応じて1歳前の接種も可能です。
  • 1歳の時におたふくかぜ、水痘ワクチンとの3種類のワクチンの同時接種もできますので医師に相談してください。接種が遅れないように注意が必要です。

日本脳炎ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
3歳(生後6か月から可能) 基礎免疫3回(初回2回、追加1回)、
9歳で4回目
不活化ワクチン、注射

接種のポイント

  • 東南アジアなど流行地などに行く場合などは、生後6か月から受けられます。
  • 他のワクチンの同時接種も可能です。

インフルエンザワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
生後6か月以降の秋 (毎秋)毎年1~2回 不活化ワクチン、注射

接種のポイント

  • 流行前の10月~12月に毎年、接種しましょう。
  • 他のワクチンの同時接種も可能です。

HPVワクチン(子宮頸がんなどHPV感染症)

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
サーバリックス
小学校6年生から中学1年生(定期接種)
1回目接種の1か月後に2回目を接種、
6か月後に3回目を接種
不活化ワクチン
筋肉注射
ガーダシル
小学校6年生から中学1年生(定期接種)
1回目接種の2か月後に2回目を接種、
6か月後に3回目を接種
不活化ワクチン
筋肉注射
シルガード9
中学1年生(任意接種)
1回目接種の2か月後に2回目を接種、
6か月後に3回目を接種
不活化ワクチン
筋肉注射

※「サーバリックス」「ガーダシル」の定期接種の2種類と「シルガード9」(任意接種)のワクチンがあります。
※接種をご希望される際には、ご相談ください

A型肝炎ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
1歳になったら 3回(初回2回、追加1回) 不活化ワクチン、注射

接種のポイント

  • 発展途上国にでかけたり、長期に滞在する場合は、お子さんでも必ず受けてください。

髄膜炎菌ワクチン

接種をはじめる月齢 接種回数 ワクチンの種類・接種方法
10代後半 1回 不活化ワクチン、注射

※接種をご希望される際には、ご相談ください

ワクチンは複数回接種するものが多く、時代の変化とともに考え方・ワクチンの種類・接種回数・接種時期などが変わってきます。
1回目を接種したときに、必ず次回の予約を取りましょう。わからないことや、気になることがあれば、受診の際などにスタッフまで相談してください。

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール